本店リニューアル記念!今なら1,500円以上で送料無料(北海道・沖縄を除く全国)

フランク・ロイド・ライトの建築を訪ねて 〜落水荘〜

ペンシルバニア州にある落水荘。フランク・ロイド・ライトが手掛けた建築の中でも最も重要、そして有名な建築物の一つです。

さて、落水荘を見学するには、まずガイドと合流し簡単な落水荘に関する説明と建物内でのルール説明を受けます。そこで建物内部の写真撮影は禁止されているということで、残念ながら内装の写真はありません。

説明が終わるといよいよ内部へ。思ったより天井が低いのにびっくりしますが、側面が全てガラス張りなので圧迫感を感じさせません。上に向けてではなく、側面に空間を抜けさせて開放的なスペースを作る辺りはさすがライトです。

ソファやテーブルなど家具も全てライトのデザイン。使う者に動かす事を許さない備え付けの家具はライトの建築へのこだわりを感じます。

テーブルや棚、バルコニーの手すりの高さを合わせて、ベッドに横たわったままでも全てのものが目の高さになるような工夫や、クローゼットの木材に薄く入った直線が積み上げた外壁の石をイメージしていたり、建物を見ればライトが相当な完璧主義者だったことが窺えます。

その完璧主義は変質的なほどのこだわりに見えましたが、天才というのはどこかこんなものなんでしょうか。とにかく、建物のどこを見てもただ感心するばかりです。

落水荘は、もともとデパートのオーナーで資産家のカウフマンが別荘とした建てた家。建物内には、ピカソの絵やティファニーの照明など、デザインやアート好きの人にとっては天国のような場所です。

余談ですが、一つびっくりしたのがトイレの便座の低さ。もちろん洋式なのですが、たった30cmほどの高さで、和式と洋式のトイレを組み合わせたような不思議な便器です。昔、そんな姿勢で用を足すのが健康だという説があったらしく、こういった少し変わったトイレになっているようです。大金持ちなのにこんな訳の分からないトイレを使っていたのかと思うと、なんだか滑稽なような気がしました。

日本からは簡単に訪れることはできないかもしれませんが、ペンシルバニア州まで行く機会がある人には是非訪れてもらいたい場所の一つです。

落水荘のミュージアムストアでは、アントデザインストアでも取り扱う多くの商品が置いてありました。日本ではアントデザインストアでしか手に入らない物も沢山あります。近代建築の巨匠といわれるライトのデザインをどうぞご家庭やオフィスでお楽しみください。

フランク・ロイド・ライトの商品を見る

 

(旧ブログを加筆修正したものです。2011年4月9日訪問)

コメントを残す

コメントは表示される前に承認される必要があります。